3Dデータベース
早稲田大学演劇博物館が収蔵する国内外の立体資料を
テクスチャー付き3Dデータを作成し、インターネット上で公開致しました。

ブラウザから直接閲覧が可能な方法と、PDFデータをダウンロードし、
AcrobatReaderを起動して閲覧する方法、2つの方法を用意いたしました。
●ブラウザ(HTML)表示での閲覧
 <特徴>
  ・WebGL技術を使った3D表示。
  ・拡張性があり、光源を自由に変えるなど、機能を拡充予定。
  ・比較的新しいパソコンであれば、閲覧可能。

 <推奨環境>
  ブラウザ:Google Chrome
  パソコン:OpenGL3.0対応のグラフィックボード
  インタネット環境:高速通信(光ファイバーなど)

 <利用解説ムービー>
 
 光源の位置や色、背景色など変更するシミュレーション機能があります。操作解説
●PDFをダウンロードして閲覧
 <特徴>
  ・最新版Acrobat Readerをインストールしているパソコンであれば閲覧できる可能性が高い。
  ・拡張性がないため、独自の機能が利用できない。
  ・今後データを改良アップデートする予定であり、毎回最新版を確かめないといけない。

 <必須環境>
  Windows、Mac共にAcrobat Readerが必要

  
●今後の計画
 ・スマートフォン、タブレットに合わせたバージョン作成
 ・3Dプリント出力用のデータ提供(提供時期未定)