早稲田大学 文化資源情報ポータル
會津八一の書データベース
データベース概要
 會津八一は東洋美術の研究者であると同時に、個性あふれる高雅な書家として、 また奈良の風光と美術に魅了された歌詠みとして知られ、文字通り学芸の人でした。
その自詠の和歌、中国古典漢詩などによる書作品約70点を収録しています。
収録資料例
自詠和歌, 「かすかのに」, 27.7× 35.6(小品)
自詠和歌, 「ならやまの 」, 36.5× 52.5(横物)
漢字・漢詩文, 「渓声便是広長舌」, 35.8× 31.0(小品)
書簡, 「粛頌新禧」, 14.0× 8.9(賀状)
データ提供元サイトはこちら